婦人

いぼを切除するには様々な方法がある|それぞれの特徴を知ろう

悪性かどうかを見極めよう

鏡を見る女の人

加齢や細菌感染などが原因で発症することの多いいぼ。一言でいぼといっても様々な種類が存在しています。主な種類は、老人性のもの、顔にできるもの、足裏にできるもの、水いぼ、首にできるものなどといったものがあります。それぞれできる箇所によって、症状や原因などが違います。まず老人性のいぼは、肌のバリア機能が衰えてしまうことから発生する症状です。特に太陽から受ける紫外線が大きな要因となっています。紫外線には、肌に強い刺激を与える成分が含まれています。若い頃は紫外線を浴びても自分で有害成分を分解することができますが、年を重ねるとなかなか除去することができなくなってしまいます。紫外線を浴びるたびに体内で有害成分が蓄積していき、いぼを発症してしまうのです。そのほか、顔にできるいぼは細菌感染が原因となることが多いです。顔にできるいぼの症状を青年性扁平疣贅といいます。この症状は主に10代から20代ごろの若い女性に発症する傾向が見られます。老人性いぼと違って、発生してもすぐになくなってしまうことが特徴となっています。


また、足裏にできるいぼも細菌感染が大きく関係しています。足は身体の中で最も細菌感染しやすい箇所です。裸足で歩くことが多い人などは、発症する可能性が高くなりますので注意が必要です。足裏にケガをしてしまった場合は、その傷口から細菌感染していぼになってしまうことが良くあります。この症状は大人や子供に関係なく、誰でも発症する可能性がありますので常に足裏は清潔にしておくことが大事です。そのほか、水のいぼというのは子供に発症することが多い症状です。他の症状とは違い、硬さがないので強く押したりすると簡単に潰れてしまいます。潰れてしまうと非常に危険で、新たに細菌感染して別の部位にいぼを発症してしまう可能性もありますので優しく扱うことが重要となります。また、首にできるものは衣類の擦れから発症することが多いです。首のいぼは全てが悪性のものではありませんが、中にはがんなどの腫瘍であるものもあります。どちらか区別するためにも、病院で精密検査を受けてみることをオススメします。いぼには、主にこのような種類があります。種類によって悪性のものとそうでないものがありますので、きちんと病院で診てもらうことが大事です。悪性のものは放っておくとどんどん症状が悪化してしまい、摘出が難しくなります。美容外科や皮膚科などで専門医に相談して、摘出手術を受けるようにしましょう。美容外科では、最新の機器や治療法などが充実しています。専門医に相談すると、的確に取り除いて綺麗にしてくれます。